post

第55回全国社会人サッカー選手権 北信越大会の結果

第55回全国社会人サッカー選手権北信越大会の結果をお知らせいたします。

2019年7月20日(土)12時00分キックオフ

会場/新発田市五十公野公園陸上競技場グリーンスタジアムしばた(新潟県)

富山新庄クラブ 0 – 0 アルティスタ浅間 (前半0-0 後半0-0)

PK 3 – 4

≪公式記録≫

post

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第8節の結果

第45回北信越フットボールリーグDivision1第8節の結果をお知らせいたします。

2019年7月7日(日)11時00分キックオフ 会場/岩瀬スポーツ公園

富山新庄クラブ(HOME) 2 – 2  JAPANサッカーカレッジ(AWAY)

(前半1-2 後半1-0)

≪公式記録はこちら≫

http://refolm-hfl.appspot.com/koushiki_kiroku.jsp?gameid=1636

post

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第7節の結果

第45回北信越フットボールリーグ Division1第7節の結果をお知らせいたします。

2019年6月30日(日)13時30分キックオフ 会場/北陸大学フットボールパーク(石川県)

富山新庄クラブ(AWAY) 0 – 0  FC北陸(HOME) (前半0-0 後半0-0)

≪公式記録はこちら≫

http://refolm-hfl.appspot.com/koushiki_kiroku.jsp?gameid=1632

前期7試合が終了し、8チーム中5位(勝点6、1勝3分3敗)で後期を迎えることとなった。

勝ち切れる試合を逃したこともこの順位にいる状況かともいえる。日々の練習から後期に向けさらにチーム力をあげ、勝ち切れる集団を目指していく。

≪前期を振り返り「山本 寛幸監督コメント≫

前期を終えて順位は5位とクラブが掲げる目標の4位まであと一歩のところまで迫っていますが、4位以下8位までが勝点1差の中でひしめく混戦となっていますが、チームは徐々に勢いに乗り良い戦いができるようになってきましたが、そのような試合をしている中で、私の判断ミスで取りこぼした勝点もあり、上手くチームをマネジメント出来ていたら、本来ですと単独4位、そして3位をも狙える位置にいたものと思われます。

順位よりも勝ち試合に勝ちきれずに応援してくださる皆様へ勝利をより多く届けられなかったこと、大変申し訳ありませんでした。

後期に向けては常に勝利を目指し、アグレッシブにアクションを起こすこと、最後の最後まで勝利のために走りぬくこと。監督の私自身が変わること。全ては勝利を待ち望んでいるくれるスポンサー、ファン・サポーターの皆様へ勝利をお届けできるよう、日々のトーレニングを大切に励んでまいります。

クラブ目標である4位を達成することはもちろんさらなる高みをめざし、チーム一丸となり全力で後期を戦って参ります。

前期同様変わらぬご支援、応援を宜しくお願いいたします。

以上

次節の試合は、前期は開幕で引き分けたJAPANサッカーカレッジをホームに迎えての一戦!

なんとしても勝利を飾り、勝点を積み重ねていきたい。

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第8節≪HOME≫

7月7日(日)vs.JAPANサッカーカレッジ 11時00分キックオフ 試合会場/岩瀬スポーツ公園

 

 

 

 

post

青島 隆晃選手 タイのPhitsanulok FC(ピッサヌローク エフシー)より完全移籍加入のお知らせ

このたび、タイのPhitsanulok FC(ピッサヌローク エフシー)より青島 隆晃選手が、完全移籍にて富山新庄クラブへ加入することが決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

【青島 隆晃(あおしま たかあき)選手】

■生年月日:1992年1月19日(27歳)

■国籍/出身地:日本/富山県高岡市

■身長/体重:167cm/62kg

■背番号:24

■ポジション:MF

■経歴:富山国際大附高 → 神奈川大 → Nakhonphanom FC(タイ) → Nakhonnayok FC(タイ)

→ Chumphon FC(タイ) → Phitsanulok FC(タイ)

【青島 隆晃選手コメント】

このたび、タイのPhitsanulok FC(ピッサヌローク エフシー)から完全移籍で加入することとなりました青島 隆晃です。自分の経験、とくに海外でプレーしていたので、そこで得た経験をチームに還元し、チームに貢献できるよう全力を尽くしていきます。応援よろしくお願いいします。

 

post

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第6節の結果

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第6節の結果をお知らせいたします。

2019年6月23日(日)13時30分キックオフ 会場/経大フィールド(新潟県)

富山新庄クラブ(AWAY) 3 – 3 ’05加茂FC(HOME) (前半 0 – 1  後半 3 – 2)

≪公式記録はこちら≫

http://refolm-hfl.appspot.com/koushiki_kiroku.jsp?gameid=1629

【連勝ならず!逆転するも追いつかれドロー】

前期残り2節、絶対に勝利し勝ち点を積み上げたい本日の試合は、前半立ち上がりからボールを支配し試合を優位に進めるが、何かが噛み合わない、ボールを支配しているのではなく、相手にボールを回されている感が否めない、何人かの選手の動きが非常に重たく感じているなか、どうしてもほしかった先制点を相手に決められ、前半を0-1で終了。

後半徐々に動きがよくなり、球際の強さ・ルーズボールを拾い、裏のスペースに走りこむ選手が見られた中、背番号 9 FW 森川 雄二選手が決め、同点となるもその後すぐに不用意なファールを与えてしまい、こぼれ球を決められ1-2となる。

なんとか同点に追いつきたいと果敢にゴールを目指した選手たちにチャンスが訪れると背番号 9 FW 森川 雄二選手が本日2点目となるゴールを決め、スコアを振り出しに戻しチームに更なる勢いを与えると選手たちは前半とは見違える動きでボールを支配しつつ、チーム全体で絶対に勝利するんだという意気込みが感じられてきた最中、またしてもチーム最年長でもある頼れる、背番号 9 FW 森川雄二選手が技ありのシュートを決め、ハットトリックを達成し3-2と逆転に成功。この勢いを持続させながらどうしても勝利で終わりたかったが、気の緩みからか相手にボールを奪われ得点を許してしまい、3-3の引き分けで試合終了となった。

本日の試合はどうしても勝ち切りたかったが、先制点を決められても落ち着いて自分たちのリズムを取り戻し、チーム全体で逆転できるまでの試合運びを展開できたのは、日々の練習と試合を重ねるにつれてチーム全体そして選手が成長してきたものと前向きにとらえたい。しかし逆転後に勝ち切るためにどのような試合運びをしなければいけないかなど課題も残る試合でもあった。

この課題を日々の練習からもう一度高めていき、次節の前期残り1試合を絶対に勝利できるよう取り組んでいきたい。

次節の試合は、第45回北信越フットボールリーグ Division1 第7節≪AWAY≫

6月30日(日)vs.FC北陸 13時30分キックオフ 試合会場/北陸大学フットボールパーク(石川県)

前期残り1試合。絶対に勝利し、いい流れでチーム全体で後期へとつなげていきたい一戦。アウェイでの開催となりますが、是非会場へお越しいただき、選手に熱い声援をお送りください。

 

 

post

【富山新庄クラブU-15】U-13サッカーリーグ2019 富山県リーグ 2部リーグ 第1節の結果

【同年代リーグ開幕!第1節 勝利を飾る!】

本日行われました、U-13サッカーリーグ2019富山県リーグ2部リーグ第1節の結果をお知らせいたします。

2019年6月22日(土)14時20分キックオフ 会場/日医工スポーツアカデミー(海側)

富山新庄クラブU-15  3 - 0  UOZU FOOTBALL CLUB UB (前半 2-0 後半 1-0)

4月から自分たちよりも1つ、2つ上の上級生たちとリーグ戦を戦ってきた選手たち、本日より同年代が揃うリーグ戦が開幕。

体格・体力・経験値でも優れている上級生たちに倒されても、点数を奪われようとも立ち上がりゴールを目指し、自分たちのやるべきことにチャレンジしてきた選手たちは、2ヶ月足らずで大きな成長を遂げてきた。

その成長ぶりを自分たちを一番支えてくれている保護者の前で見せてくれた。多くの保護者が見守る中、選手たちは果敢にゴールを目指し、チーム一丸となり3得点を挙げて見事勝利を飾った。

今日の勝利が選手たちの自信につながることに期待したい。今日の反省点もふまえながらチームとして個々として取り組んできたことが間違いではないと気づきを与えながら選手のさらなる成長をサポートできるよう日々の練習から取り組んでいきたい。

 

post

第55回 全国社会人サッカー選手権 富山県大会「決勝」の結果

≪優勝を飾り「北信越大会出場決定」≫

第55回全国社会人サッカー選手権富山県大会「決勝」の結果をお知らせいたします。

2019年6月16日(日)11時00分キックオフ 会場/岩瀬スポーツ公園サッカー場

富山新庄クラブ 5-0 ヴァリエンテ富山

(前半4-0  後半1-0)

≪公式記録はこちら≫

本日は、天候の悪い中多くのファン・サポーターの皆様に試合会場へお越しいただき、選手たちに声援を送っていただき、ありがとうございました。皆様に応援いただき、見事「優勝」を飾り北信越大会へ出場することができました。

リベンジを果たすべく、絶対に勝利しないといけない本日の試合、対戦相手のヴァリエンテ富山は怪我人などの影響からか、先発メンバー8人の状況。

そんな中でも、自分たちのやるべき事を前向きに全力でプレーすることが今の新庄クラブには必要である。

6分背番号10 MF 細木勇人選手が先制点を決めると、18分背番号 11 MF 中島亘輝選手が追加点を決め、20分、22分と立て続けにゴールを決め、前半で試合を決定づけるものの、78分に今季公式戦初出場の高卒ルーキー背番号23 MF 平井大聖選手の1点のみで試合終了。

前後半合わせて42本ものシュートを放つが5得点と、ゴールに向かうその過程そして絶対に決めるという姿勢・貪欲さ・連携・意思疎通、自分たちのやるべきことは何か?もう一度チームで考え、意識統一を図っていかなければならない試合でもあった。

今回の反省点をふまえ、チーム全体でさらに上を目指していけるよう日々の練習から取り組んでいきたい。

次節の試合は、第45回北信越フットボールリーグDivision1 第6節≪AWAY≫

6月23日(日)vs.’05加茂FC 13時30分キックオフ 試合会場/経大フィールド(新潟県)

前期残り2試合。絶対に負けられない戦いが続きます。アウェイでの開催ですが、是非会場へ足を運んでいただき、選手に声援をお送りください。

 

post

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第5節の結果

【北信越フットボールリーグ Division1 第5節にして「初勝利!」】

第45回北信越フットボールリーグDivision1 第5節の結果をお知らせいたします。

2019年6月9日(日)11時00分キックオフ 会場/日医工スポーツアカデミー(海側)

富山新庄クラブ(HOME)3 – 1 F.C.上田ジェンシャン(AWAY)

(前半1-0 後半2-1)

≪公式記録はこちら≫

http://refolm-hfl.appspot.com/koushiki_kiroku.jsp?gameid=1625

本日は、小雨が降り肌寒い気温の中多くのファン・サポーターの皆様に試合会場へお越しいただき、選手たちに声援を送っていただき、ありがとうございました。

今節は前節坂井フェニックスに4-1で勝利し、勝ち点2差で5位の上田ジェンシャンとの絶対に負けれない一戦であり、また自分たちのチーム力そして現段階での実力を知る大切な一戦でもあった。

前半立ち上がりからボールを支配しつつもゴールを奪えない状況が続いた、前半21分背番号7 MF 竹澤 昂樹選手のローングシュートがバーに当たり、跳ね返りをチームの心臓でもあり今節ゲームキャプテンを務める背番号13 MF 平野 甲斐選手が落ち着いてゴールに流し込み、待望の先制点を決める。先制点を決め、チーム全体が落ち着きを取り戻し、試合を優位に進めながら前半終了。

後半も前半の勢いを持続しつつ、55分前節2得点の背番号6 FW 山田 貴仁選手が貴重な追加点を決め2-0とするものの、72分左サイドで連係ミスからボールを奪われ、上田ジェンシャンにPKを決められ2-1とされるが、90+3に背番号 13 MF 平野 甲斐選手が本日2点目となる ゴールを決め3-1となり試合終了。北信越リーグ「初勝利」を飾ることができた。

この勢いを止めることなく、今日の反省点を日々の練習からもう一度修正し、チーム全体で良い雰囲気をつくりながら前期残り2節勝利し後期へとつなげていきたい。

次節の試合は、第55回全国社会人サッカー選手権 富山県大会『決勝』

6月16日(日)vs.ヴァリエンテ富山 11時00分キックオフ 試合会場/岩瀬スポーツ公園サッカー場

第24回富山県サッカー選手権大会で、PK戦の末敗戦した相手でもあり、この試合も絶対に負けられない一戦。チャレンジャーとしてチーム一丸となりリベンジを果たし、北信越大会へと駒を進めたい。

是非会場へ足を運んでいただき、リベンジを果たすべく、選手たちに熱い声援をお送りください。皆様のご来場お待ちしております。

 

 

post

【富山新庄クラブU-15】高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ2019 第13回県リーグの結果

高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ2019 第13回県リーグ(3部Fリーグ)の結果をお知らせいたします。

2019年6月8日(土)9時00分キックオフ 会場/入善町運動公園

富山新庄クラブU-15 0 – 12 ヴァリエンテ富山2nd(前半 0 – 4 後半 0 – 8)

雨の降りしきる中、天然芝という最高のピッチで試合ができることに感謝しつつも雨の影響で水が溜まり思うようにボールをつなげられない状態の中でも懸命に上級生を相手にボールを奪取し、ゴールを目指す姿勢が垣間見られた。

現在は懸命にボールを追いかけ、ゴールに向かう姿勢、どんな時もチャレンジャーとしての気持ちを大切にしてほしい。

サッカーは複数のプレーヤーが入り交じるスポーツだが、プレーの瞬間、瞬間において、複数の選手たちの意思、判断が交錯し、個人対個人、個人対複数人、複数人対複数人と対局面が複数にもあるなかで、各局面における瞬時の判断とそれに伴う技術は、日頃の練習や試合での経験を積み重ねることで身についていくが、これに戦術的な知識を学びながら重ね合わせれば選手個々、チームとしての経験値を生み出していくことも可能であり、気づきを与えながら選手のさらなる成長をサポートできるよう日々の練習から取り組んでいきたい。

 

 

post

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第4節の結果

【背番号6 FW 山田 貴仁選手「古巣相手に2得点も敗戦!」】

第45回北信越フットボールリーグ Division1 第4節の結果をお知らせいたします。

2019年6月2日(日)11時00分キックオフ 会場/日医工スポーツアカデミー(海側)

富山新庄クラブ(HOME) 2 – 5 アルティスタ浅間(AWAY)

(前半1-2 後半1-3)

≪公式記録はこちら≫

http://refolm-hfl.appspot.com/koushiki_kiroku.jsp?gameid=1619

本日は、ファン・サポーターの皆様に試合会場へお越しいただき、選手たちに声援を送っていただき、ありがとうございました。

今節は前節に引き続き、得失点差で首位を走る対戦相手に対し、前節同様に守備を固め挑んだ第4節。

4分に背番号6FW山田貴仁選手が、PKを獲得し先制するも、10分にアルティスタ浅間に決められ同点。このまま前半を折り返すかと思わられた45分にPKを取られ、追加点を決められ、前半を1-2で終了。

気持ちを切り替え、もう一度チームとして個々の役割とやるべき事を明確にして挑んだ後半。

後半立ち上がり48分にコーナーキックから本日2点目となる背番号6FW山田貴仁選手がヘディングで決め、2-2となるも、52分、59分、77分に決められ敗戦。

試合開始早々の失点は無くなってきたものの、点数を決めてからの失点が早すぎる。今節の敗戦からチームとして個々としてもう一度意識統一を図る必要がある。これからは絶対に負けられない相手との試合が続いてくるが、日々の練習からチーム一丸となり高い意識を持ちながら次節に挑みたい。

次節の試合は、第45回北信越フットボールリーグDivision1第5節≪HOME≫

6月9日(日)vs.FC上田ジェンシャン 11時00分キックオフ 試合会場/日医工スポーツアカデミー(海側)

絶対に負けられない戦いが続く6月度!是非会場へ足を運んでいただき、選手たちに熱い声援をお送りください。